葉酸の持つ効果

葉酸の持つ効果

葉酸はDNAの合成プロセスにおいて重要な役割を担う栄養素であり、平常時はそれほど大量に必要とするものではありませんが、妊娠中の女性は平常時の3倍もの葉酸を必要とするなど胎児の健全な育成に欠かせない栄養素です。

 

現代では葉酸が含まれる野菜類の摂取量が減ってしまい、昔では葉酸不足があまり起こらなかったためにあまり注目されることのなかった葉酸ですが、現代では葉酸不足が普通に起こりうるため非常に注目されているのです。

 

妊婦の葉酸が不足すると、胎児のDNAの合成時に異常が発生し、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症率が有意に上昇してしまいます。

 

また神経芽細胞腫など、おおよそ全てのDNA合成障害による異常の発生要因となるため、これらを防ぎ健康な胎児を育むために葉酸の十分な量の摂取が必要となるのです。

 

その他、妊婦にかぎらず造血プロセスにおいても重要な役割を果たすため、どんな人にも不足してはならない栄養素となっています。

 

葉酸が不足すると鉄分等の摂取量や貯蓄鉄の量が十分でも悪性貧血が発生してしまいます。またもちろん、常に細胞分裂をしながら生きている人間ですからDNAの正常な合成はどんな人にも最重要と言えます。

 

葉酸はサプリメントメーカーなどの戦略により妊婦用の栄養素というイメージが強くついていますが、どんな人にも欠かすことのできない、最重要な栄養素の一つであるということができます。