葉酸の1日の必要目安摂取量

葉酸の1日の必要目安摂取量

葉酸は体内で様々な働きを行う栄養素であり、どんな人にも一定量以上の摂取が必要とされますが、人によって必要量はかなり上下します。

 

特に妊婦はお腹に宿した子供のために大量のDNAを合成する必要があるため、必要量は跳ね上がります。また妊婦ほどではありませんが、成長期の子供も多めの葉酸摂取が必要になります。

 

具体的な摂取量は、一般的な男性で200μg、妊娠可能な女性で400μg、そして妊娠中の女性が600μg、授乳中の女性で500μgです。葉酸は食品から比較的摂りやすい栄養素ではありますが、600μgは結構な量ですので食事には気を使う必要があります。

 

前述の通り葉酸はDNAの合成に必要ですので特に妊婦や妊娠を予定している女性に重要なのですが、それ以外にも造血に関わっており、赤血球を作る働きがあるため、男性であっても不足すると悪性の貧血を引き起こすなど、量自体はそれほど必要としないものの重要な栄養素には違いありません。毎日不足しないように摂取したいものです。

 

葉酸の性質は水溶性ビタミンと同一です。脂溶性ビタミンのように脂質の中に溶け長期間保管されるということはなく、毎日尿に溶けて排出されてしまいます。

 

これは一度にたくさん摂っても意味がなく、毎日欠かさず摂らなければならないということを意味しますが、同時に過剰摂取しても尿と一緒に排出されるだけで過剰症が起こりにくいということも意味します。葉酸が必要な立場の人は若干多めに摂取することを心がけたほうがいいでしょう。