妊娠に必要な葉酸

妊娠に必要な葉酸

近年、葉酸が一躍有名になったのは妊婦にとって非常に重要な栄養素であることが判明したためです。したがって、葉酸=妊婦というイメージを持っている人も多いでしょう。実際にはすべての人に必須な栄養素ではあるのですが、妊婦が特に大量に必要とする栄養素であることは事実です。

 

妊娠すると自分の体の中で新しい命を育むことになります。この時、子供のためのDNAを母親が代わりに大量に生産することになるのですが、この時に必要となるのが葉酸なのです。

 

妊娠するとだんだんお腹が大きくなっていきますよね。そのままなんのケアもせずに出産を終えると、その後お腹にひび割れのようなものが発生してしまいます。それを防ぐためにも妊娠初期から妊娠線予防クリームを使っておくのをおすすめします。

 

葉酸が不足するとDNAの不正なコピーや間違いが多くなり、異常な特性を持った子供が生まれてしまう確率が高まります。

 

特に妊娠初期に葉酸が不足すると最悪の場合無脳症など、生命活動を維持できない致命的な障害を持って子供が生まれてしまうことがあります。脳が全くない無脳症は当然ながら無事生まれたとしてもそのまま死んでしまい、またそもそもほとんどが死産となります。

 

葉酸は妊娠初期に最も多く必要となるため、妊娠したら葉酸を意識して摂るぞと思っていても、そもそも妊娠発覚が遅れると最も葉酸が必要な時期を無自覚に過ごしてしまうことが多くあります。そのため、妊娠を計画している女性は急な妊娠に備えて普段から十分な量の葉酸を摂取しておくことが重要です。

 

葉酸サプリメントメーカーでも、まだ妊娠していないこれからのママのためと謳ったサプリメントを多く販売しています。ですが基本的には食事によって十分な葉酸を摂取するべきでしょう。