葉酸サプリと薬の飲み合わせ

葉酸サプリと薬の飲み合わせ

葉酸は水溶性ビタミンの一種であり、過剰症の影響も極めて少なく、飲み合わせなどを意識する必要もない扱いやすい栄養素です。

 

そのためサプリメントも数多く販売されており、気軽に飲むことができます。ただ一点だけ、併用すると良くない薬があります。それはフェニトインという抗てんかん薬です。

 

葉酸をサプリメントなどで多く摂取すると、葉酸の働きによってフェニトインの代謝が促進され、てんかんへの十分な作用が行われる前に体外へと排出されてしまいます。

 

てんかんの発作が起こると完全に意識が切り離されてしまい、完全な無防備状態となり致命的な事故などの原因となり得ます。

 

そのためてんかん患者にとって抗てんかん薬は命綱のような存在ですので、この薬を体外へ排出するのを促進し、効き目を妨げる葉酸サプリメントは、いかに有用な栄養素であるとは言えフェニトインを飲んでいる以上は併用することはできません。

 

フェニトインを飲んでいるてんかん患者の方は葉酸サプリメントを飲むのを避けてフェニトインを飲む必要のないタイミングを見て葉酸を十分に摂取するように気を付けるか、あるいは妊娠を予定しているなどでどうしても葉酸の摂取が必要な場合は、まずてんかん薬を替えることができないかどうか主治医に相談してみましょう。

 

勝手に判断したり、飲み合わせの悪さを軽視したりしてはいけません。必ず主治医の判断を仰いでから行動に移すようにしましょう。