葉酸を多く含む食品

葉酸を多く含む食品

葉酸は栄養素の名前にもなっているように、ほうれん草の葉っぱから抽出されてその存在が知られるようになりました。そしてほうれん草以外にも葉酸を多く含む食べものは野菜に集中しています。

 

特に緑黄色野菜に多く、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリー、パセリなど色の濃い野菜に含有量が多いのです。野菜以外には豆類にも含有量が多く、特に大豆製品は野菜嫌いでも比較的容易に葉酸を摂りやすい手段といえるのではないでしょうか。

 

葉酸を含む食材はそれなりに数多くあるのですが、葉酸は水溶性ビタミンであるということを忘れてはいけません。葉酸は水に溶け出してしまうので、茹でたり水に晒したりする調理法はNGです。

 

そういった調理法でのみ食べられる食材はあまり葉酸の摂取を期待できないことになります。緑黄色野菜の中でも、できるだけ生のままサラダなどにして食べられるものを選択したいところです。

 

また、野菜は熱を通さないと食べられないという人は大豆製品を積極的に取り入れるといいでしょう。

 

また、植物性食品だけでなく、意外なところでは各種レバーにも葉酸は多く含まれます。とは言え、いくら野菜や豆類が嫌いとは言え、レバーを葉酸のメインの摂取源として毎日摂るわけにはいきません。

 

レバーには脂溶性ビタミンであるビタミンAが極端に多く含まれるため、少量であってもビタミンAの耐用上限量を突破してしまいます。葉酸は植物性食品から摂取するようにしましょう。